自宅学修支援のための電磁資料活用ガイド

自宅学修のための電子資料活用ガイド

香川大学図書館では、多くの電子資料やデータベースを契約しています。
図書館に来館しなくても、リモートアクセス(学認)することで、ご自宅から学修・研究を進めることができます。


学術認証フェデレーション(学認:GakuNin)を介して、電子ジャーナルやデータベース等の電子資料を学外からでも利用することができます。
アクセス方法はこちらをご覧ください。マニュアルを参考の上、表のサービス名をクリックすると学認の認証画面にアクセスできます。
※対象資料:Scopus(文献検索データベース)、ScienceDirect(電子ジャーナル)、WileyOnloneLibrary(電子ジャーナル)、Nature(電子ジャーナル)、SpringerLink(電子ジャーナル)、MaruzeneBookLibrary(電子ブック)


新入生の皆さんに向けて、レポートを初めて書く人のために資料を用意しています。
初めて図書館で資料を探す方、論文を検索する方、Word・Excel・PowerPointの使い方が分からない方やどうやってレポートを書いたらよいか分からない方必見です!

  香川大学図書館蔵書検索(OPAC)の利用方法について
  電子ブックの利用方法について
  日本語文献検索方法について(CiNii Articles)
  レポート作成お役立ちBOOKリスト
 ※その他図書館サービスの利用方法についてはこちらをご覧ください。



電子ジャーナルとは紙媒体で刊行されていた学術雑誌を電子化し、PCで読めるようにしたものです。
香川大学では多数の電子ジャーナルを契約しています。また、インターネット上に無料公開されているものもあります。
  電子ジャーナル利用ガイド


電子ブック(MaruzeneBookLibrary)は、インターネット上にあるデジタル書籍です。PC・スマートフォン・タブレットから24時間いつでもアクセスできます。「学認」や「リモートアクセス」でご自身のアカウントを登録すると自宅や出先など何処からでもアクセスできます。


 
電子ブックの利用方法について


  MyLibrary利用ガイド(学内者限定)
  資料の予約ガイド
  現物貸借依頼ガイド(学内者限定)
  文献複写依頼ガイド(学内者限定)
  図書購入リクエスト(学内者限定)


 香川大学図書館開館状況 ※併せてHP内「図書館からのお知らせ」もご覧ください。
  香川大学HP「新型コロナウイルス感染症の対応について」
  香川大学情報メディアセンター





作成:2020年6月
更新:2022年9月