自宅で学修をされるみなさまへ


香川大学図書館では、多くの電子資料やデータベースを契約しています。
図書館に来館しなくても、リモートアクセス(学認)することで、ご自宅から学修・研究を進めることができます。

リモートアクセス(学認)の接続方法(香川大学学生・教職員対象)

学術認証フェデレーション(学認:GakuNin)を介して、電子ジャーナルやデータベース等の電子資料を学外からでも利用することができます。
アクセス方法はこちらをご覧ください。マニュアルを参考の上、表のサービス名をクリックすると学認の認証画面にアクセスできます。

※対象資料:Scopus(文献検索データベース)、Science Direct(電子ジャーナル)、Wiley Onlone Library(電子ジャーナル)、
Nature(電子ジャーナル)、SpringerLink(電子ジャーナル)、Maruzen eBook Library(電子ブック)

データベーストライアルについて

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、各出版社がデータベース等の無料トライアルを実施しています。
この機会にぜひご利用ください。

■Maruzen eBook Libraryについて
香川大学図書館ではMaruzen eBook Library(電子ブック)を利用することができます。約9,700冊の資料を読むことができます。
・試読・リクエストサービス実施中(2020年6月末までの予定) ※詳しくはこちらをご覧ください。
・同時アクセス数を1→50に増加しました(2020年7月末までの予定)
※電子ブックの利用方法は下記にある「レポートの書き方が分からない方へ」をご覧ください。

■「D1-Law.com 現行法規」(無償公開)
「D1-Law.com 現行法規」は法学分野のデータべースです。日本の法令約11,000件超を登載しています。詳しくはこちらをご覧ください。

■ProQuest社データベーストライアルについて(学内限定)
※詳しくはこちらをご覧ください。

対象データべース
・ProQuest Central
・ProQuest Dissertation & Theses Global
・Academic Complete
・Academic Vodeo Online

レポートの書き方が分からない方へ

新入生の皆さんに向けて、レポートを初めて書く人のために資料を用意しています。
初めて図書館で資料を探す方、論文を検索する方、Word・Excel・PowerPointの使い方が分からない方や
どうやってレポートを書いたらよいか分からない方必見です!

※その他図書館サービスの利用方法についてはこちらをご覧ください。

電子ジャーナルを読みたい

電子ジャーナルとは紙媒体で刊行されていた学術雑誌を電子化し、PCで読めるようにしたものです。
香川大学では多数の電子ジャーナルを契約しています。また、インターネット上に無料公開されているものもあります。

関連リンクサイト(情報提供)

※併せてHP内「図書館からのお知らせ」もご覧ください。